クラウド会計ソフトシェア№1、「クラウド会計ソフトfreee」広島県東部初認定アドバイザーになりました。

 

クラウド会計ソフトfreeeフリー

 

freee株式会社が認定するアドバイザーは、スモールビジネスのサポート事業をする一定の登録用件を満たした税理士・会計士や社会保険労務士等です。

認定アドバイザーは、freee株式会社のソフトに精通しているため、ソフト導入後に対応できる税理士や社会保険労務士を探す必要がありません。また、認定アドバイザーだけがお客様のクラウド上に入ることができ、遠隔地でもクラウド上で画面を共有してのアドバイスや直接データチェックもスムーズに行え、距離を感じることなくご相談いただけます。ソフト導入の際に、認定アドバイザーから紹介を受けソフト導入を行えば、3ヶ月無料クーポンの優待もあります。

社会保険労務士事務所あかつきではクラウドソフトの導入を進め、遠隔地の顧問先や移動の多い顧問先にも物理的な距離を感じることなく相談いただける、新しいかたちの社会保険労務士事務所を目指します。

freee株式会社(http://www.freee.co.jp/)は2012年7月にGoogle出身の佐々木大輔氏によって設立され、「クラウド会計ソフトfreee」はリリース開始わずか2年ですでに30万以上の事業所で利用されるサービスです。個人事業主であれば月々わずか980円から利用でき、これまでの会計ソフトの概念を覆す全自動の「クラウド会計ソフトfreee」に続き、「クラウド給与計算ソフトfreee」や開始を目前に控えたマイナンバー対応の「マイナンバー管理freee」など、スモールビジネスを活性化するプラットフォームを低下価格で提供しています。