全自動のクラウド会計ソフトでおなじみ、freee株式会社のクラウド給与計算ソフト freee(フリー)紹介をさせて頂きます。

 

昨年5月末にβ版リリース、昨年10月に正式版スタートしておりましたが、実際に使ってみると想像していた以上にシンプルで使いやすかったので、正直なところ社労士の存在意義が無くなってしまうのではというくらい驚きました。個人事業主や設立まもないベンチャー企業など、少人数でのビジネスをされている方にぜひおすすめしたい!と思ったので紹介させて下さい。
freee_payroll最初に一言申し上げます。Excelで給与計算しているorしようとしている会社さんは今すぐfreeeに切り替えましょう。いや今すぐに切り替えてください!!
Excelで給与計算している会社は意外と多いと思いますが、私の経験上、計算を間違ってることが非常に多いです。つい先日も私ののクライアントでは無いのですが、過去数年分の誤りを発見して血の気が引いたというお話を聞きました。正直申し上げて、毎月ちまちまとセルに数字を入力したり計算式組むのに試行錯誤して時間かかってるのを見ると、なんて生産性の低い業務に貴重な時間を・・・という大変切ない気持ちになります。もちろん大事な仕事ではあるのですが、非生産的な時間だなっていうのはご自分でもよく分かっておられるはず。

 

そんなときはパッケージソフトを入れて自動化しよう、もしくは社労士に丸投げして頭から忘れ去ってしまいたい!!と、思ってしまいますが、今までのパッケージソフトはデザインもダサいしなんだかんだ言って費用もかかる、だいたいどれを選んで良いのかわからいってのが現実なんではないでしょうか。そして社労士に頼むとなると今度は費用が結構かかるし、まだ数人程度の規模ならなんとか自力でやってみたい。

 

そんなときは是非社会保険労務士事務所あかつきまで、と言いたいところですが今回はクラウド給与計算ソフト freee(フリーを是非一度ご検討ください。

 

前置きが長くなりましたが、専門知識がなくても簡単にはじめられるクラウド給与計算ソフト freee(フリー)の概要をご紹介させて頂きます。

 

そもそも給与計算の流れを、一度おさらいしてみましょう。

 

【ステップ1 従業員の基本情報を登録 】
従業員の氏名や生年月日など、給与計算に必要な基本的な情報を登録します。
※10月からはマイナンバーの収集も加わりますね!

 

【ステップ2 勤怠情報の登録 】
出勤簿やタイムカードの記録から、残業時間や休日出勤時間、遅刻早退時間などを求めます。そこから残業代などの計算を行うのですが、出勤簿やタイムカードなどから時間数を計算するのは、なかなか面倒くさい仕事です。割増賃金にも25%や35%、さらにその組み合わせなどいくつものパターンがありますし、そもそも労働基準法が頭に入っていなければ、正確に残業代を計算するのは非常に難しいです。


【ステップ3 社会保険料の計算】

今度は、計算した給与から控除される社会保険料を計算します。こちらも、年齢や給与額によって控除すべき金額が変わってきます。さらに社会保険料と一口に言っても、健康保険や厚生年金など1年に何度も保険料率が変わるのでそのたびに対応しなければなりません。

 

【ステップ4 税金の計算】
所得税の計算は税額表を使って計算するのでしが、こちらも慣れるまでには非常に時間がかかります。さらに住民税の控除など、ここまでくると初めての方はもうわけがわからなくなってくるのではないでしょうか。

 

【ステップ5 給与明細の作成・配布】
やっと終わりが見えてきました。印刷して封筒に封入。それから各個人への配布。こちらも地味に時間がかかってしまいます。さらに、今のデジタル化社会に紙に印刷して手渡しでは、どんなにおしゃれでかっこいい会社でもいきなりおしゃれじゃなく見えちゃいますよね。

 

【ステップ6 銀行振込】
意外にミスが多いのがこの銀行振込。従業員2~3人ならなんとかなるかもしれませんが、10件、20件になってくると振込先相違や金額相違など、必ずといってミスが発生します。できればボタン一つで終了したいですよね。

 

それでは実際にクラウド給与計算ソフト freee(フリー)を登録して使ってみましょう!!
登録は簡単こちらから。
ログイン画面

登録後、ログイン画面はこんな感じ。
ホーム画面
まず最初にやることは画面にもオレンジ色で大きく表示されているように、「給与規定の設定」です。詳しくはヘルプのスタートガイドに非常に分かりやすく解説されているので、ここでの説明は割愛させて頂きます。10分もあれば完了します。わからなければ社会保険労務士事務所あかつきまでお問い合わせください。

 

クラウド給与計算ソフト freee(フリー)では給与計算の流れが図のようになります。
給与計算全体

【ステップ1 従業員の基本情報を登録 】
ここから従業員情報を登録しますが、freeeの特徴として従業員本人が自分で入力することも可能なのです。クラウドだからできるスマートな方法ですね!当然スマホからの入力も可能です。従業員アカウント画面

【ステップ2 勤怠情報の登録 】
従業員が直接給与計算のシステムにアクセスしての勤怠情報を入力。もちろんクラウドだからスマホからも入力できます。ステップ1と共に、入力を従業員にお願いすることで担当者の負担の大幅な軽減につながります。あとは割増率や単価を設定しておけば、自動で残業代などが計算される仕組みになっています。勤怠入力画面

【ステップ3 社会保険料の計算】
【ステップ4 税金の計算】
社会保険料も税金の計算も、最初の基本情報の入力がしっかり完了していればもう完了しています。給与明細画面で確認してみてください。給与明細 (1)

【ステップ5 給与明細の作成・配布】
こちらもステップ3ステップ4が完成した時点で出来上がってます。スマホでも確認できるので、印刷して封入、各個人への配布の手間が省けますね!スマホでいつでも見れるので、ストレスもフリーです。

 

【ステップ6 銀行振込】
最後は振込。これも簡単に振込データを作成可能。書類タブをクリックすると、全銀フォーマットの総振依頼ファイルが出力できるようになっています。
振込データ

ここまでいかがだったでしょうか?

具体的な操作方法はクラウド給与計算ソフト freee(フリー)で実際に試して、体験してみてください。1ヶ月無料で試せますので、雰囲気がつかめるのではないでしょうか。
で、気になるお値段ですが、なんと月々1,980円!*1そしてさらに、freee認定アドバイザー社会保険労務士事務所あかつきが導入サポートしたお客様にはなんと、3ヶ月無料*2になるクーポンをプレゼントいたします!!

 

給与計算にはいろいろなイレギュラーが発生しますので、それは手動で入力したり専門的な知識が必要になる場合もあります。ただ、そういった事情を考慮したとしてもはるかに使いやすくローコストでこれだけのシステムが提供されていることは驚くべきことです。さらに、昨年末には”年末調整機能“が追加されたり、”労働保険の年度更新機能“が追加されたりと、追加料金なしで次々と機能が追加されております。
また、今年10月から通知が始まり、来年1月から正式にマイナンバーの運用が開始されます。正式なリリースはまだですが、クラウド給与計算ソフト freee(フリー)をご利用中の方はこちらも追加料金無しでマイナンバー管理freeeが利用できる予定です。

freee_my_number

以上、クラウド給与計算ソフト freee(フリー)の紹介でした。
気になる!もっと聞きたいと思われた方は、freee認定アドバイザー社会保険労務士事務所あかつきにお問い合わせください。

 

*1:4名以上になる場合は追加で300円/人が発生
*2:2015/8/31まで(2015/9/1-1ヶ月無料)