■ストレスチェックとは?

ストレスに関する質問票に労働者が記入し、それを集計・分析することで、自分のストレスがどのような状態にあるかを調べる簡単な検査です。

労働者が50人以上いる事業所で、2015年12月から毎年1回、この検査をすべての労働者に対して実施することが義務付けられました。

(契約期間が1年未満の労働者や1週間の労働時間が30時間未満の労働者は除かれます。)

 

■何のためにやる必要があるかの?

労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスをためすぎないようにしたり、「うつ」などのメンタル不調を未然に防止するための仕組です。

 

■いつまでに何をすればよいのか?

2015年12月から2016年11月30日までの間に、すべての労働者に対して1回目のストレスチェックを実施しなければなりません。

1.実施方法や社内ルールの策定

2.質問票の配布・記入

3.ストレス状況の評価・医師の面接指導の要否の判断

4.本人に結果を通知

5.一定規模のまとまりごとに集計・分析

6.職場環境の改善

 

【助成金情報】

『ストレスチェック』に関連して、50人未満の事業所がストレスチェックを行う場合には、下記のような助成金が受けられます。

 

■受給要件

1.常時使用する従業員数が50人未満であり、同一の都道府県内にある複数の小規模事業場を含む事業場で集団を構成していること。

2.集団を構成する小規模事業場の事業者が産業医を合同で選任し、ストレスチェックに係る産業医活動の全部又は一部を行わせること。

3.ストレスチェックの実施者及び実施時期が決まっていること。

4.集団を構成する全ての小規模事業場において、ストレスチェック及び面接指導を行う予定であること。

5.集団を構成する小規模事業場の代表者と2.の産業医(合同選任産業医)が同一者でないこと。

 

■助成対象

年1回のストレスチェックを実施した場合に、実施人数分の費用および産業医活動の費用が助成されます。

 

■助成金額

1.ストレスチェックの実施 1従業員につき 500 円

2.ストレスチェックに係る産業医活動1事業場あたり産業医1回の活動につき 21,500 円(上限3回)

 

詳しくはコチラ⇒厚生労働省HP