企業を強くする”組織活性化型”社会保険労務士
お問い合わせ084-959-2709
 

社会保険労務士事務所あかつき

Just another WordPress site


非正社員のためのキャリアアップ助成金

★とても使い勝手の良いキャリアアップ助成金(非正社員の正社員への登用や教育研修の助成金)についてご案内させて頂きます。

 この助成金はとても利用しやすい制度であり、また利用できるシーンもかなり多いことが特徴です。

 

■非正社員とは?

正社員以外(パートタイマーや契約社員、派遣契約者)の、正社員待遇でない従業員です。

 

■どんな助成金?

 非正社員の従業員を、正社員雇用へ転換や勤務地限定社員や短時間正社員制度の適用、スキルアップのための教育訓練の実施など、非正社員の待遇改善を行う事業主が受給できます。現在は、下記のコースの設定があります。

 

(1)正規雇用等転換コース

非正社員を正社員に登用又は直接雇用した場合に助成

 

助成金:1人にあたり30万円~50万円(1年度10人まで・母子家庭等の加算あり)

受給例:期間の定めのないパートタイマーで雇用した従業員を、仕事もよく頑張っているし正社員への登用を予定している。

⇒就業規則へ登用制度を規定し、正社員へ登用後に申請で30万円。

 

(2)多様な正社員コース

勤務地限定社員制度や職務限定社員制度又は短時間正社員制度を就業規則に規定し、非正社員から転換又は新たに雇入れた場合に助成

 

助成金:1人あたり20万円~30万円(1年度10人まで)

受給例:正社員で雇入れた従業員の希望により、育児休業終了後の職場復帰時には1日の労働時間を短縮して職場復帰予定。

⇒就業規則へ転換制度を規定し、短時間正社員に転換後に申請で20万円。

 

(3)人材育成コース

非正社員へ社外研修(Off-JT)又は社外研修と社内研修(OJT)を組み合わせた研修を実施した場合に助成

 

助成金:[研修費]10万円~30万円、[賃金助成]1時間あたり800円

受給例:HPの編集やチラシの作成など外注していた業務を社内のスタッフに覚えさせたい。パートスタッフにExcelやWordをもっと活用してほしい。

⇒外部研修機関(パソコン教室や講師を招いての研修)の教育訓練にスタッフが受講。教育訓練終了後に申請。

 

※当事務所提携の福山市内パソコン教室ご利用の場合には、助成金申請手続料金無料です。

 

(4)処遇改善コース

就業規則等に規定する非正社員の賃金テーブルを2%以上増額改定した場合に助成

 

助成金:[すべて]1人あたり3万円、[一部]1人当たり1.5万円、[職務評価制度]20万円

受給例:職務評価基準制度の導入などを活用して従業員すべてのベースアップを予定。

⇒職務評価制度導入し2%の賃金引上げ。6ヶ月経過後申請で20万円以上。

 

(5)健康管理コース

非正社員を対象とする法定外の健康診断の実施を就業規則に規定し、延べ4人以上に実施した場合に助成

 

助成金:1事業所あたり40万円

受給例:法定の健康診断(1週間あたり30時間以上の従業員)に加え、20時間以上30時間未満のパートタイマーにも福利厚生充実の一環として導入予定。

⇒就業規則へ法定外の健康診断対象者を規定。4人以上の実施で40万円。

 

(6)短時間労働者の週所定労働時間延長コース

1週の所定労働時間が25時間未満の非正社員を30時間以上に延長した場合に助成

 

助成金:1人あたり10万円

受給例:社会保険対象外のパートタイマーが労働時間延長により、新たに社会保険の対象になる予定。

⇒社会保険の加入後申請で10万円。

 

 

※すべてのコース共通で、実施1ヶ月前までにキャリアアップ計画の提出が必要になります。

詳しくは⇒【厚生労働省HP

 

社会保険労務士事務所あかつきでは、就業規則の新規作成や変更に合わせて助成金の受給診断を行っております。作成変更に合わせて助成金の受給条件をクリアする文言を入れておけば、実質無料で就業規則の作成が可能です。

キャリアアップ助成金は使い勝手のよい助成金です。是非ともご活用ください。

 

【締切り間近】↓↓

 

11月、12月決算の法人・個人事業主はまだ間に合います!!

雇用促進税制』の申請をお忘れなく!!

詳しくは⇒【 http://sr-akatsuki.com/2015/11/05/news-4/ 】

 

 

■まずはお問合せください。無料助成金受給診断実施中!!

➡ お問い合わせフォーム

 

最新の助成金情報はHPからメールマガジンへ登録!!

 メルマガ登録

コメントを残す

このページの先頭に戻る
Top