★今回は、育児休暇の取得に伴う基本的な助成金のご紹介をさせていただきます。一般的に広く知られている助成金ですが、まだまだ未活用の会社様も多くあります。

 

■どんな活用方法?

□例えばこんなことありませんか?

・スタッフが育児休暇を取得予定

・育児休暇を取得予定のスタッフの替わりのスタッフを雇用予定

・育児休暇中のスタッフがそろそろ復帰予定

男性スタッフにも短期の育児休暇を取らせてみたい。

 

□実際の活用シーンは?

1.育児休暇予定の申出

2.代替要員の確保 ←代替要員確保コース(1人あたり50万円

3.育児休暇取得  ←育休復帰支援プランコース(1企業30万円男性の育休取得(1人目60万円

4.育児休暇終了・復帰 ←育休復帰支援プランコース(1企業30万円

 

□いつから準備すればいいの?

・育休復帰支援プランコースの場合には、スタッフから育児休業の申出があったときから準備が必要となります。遅くても産休開始2ヵ月以上前の準備が必要です。

・代替要員確保コースの場合には、3ヶ月以上の育児休業取得を行い、復帰から2ヵ月以内の申請となりますので、事前の準備は必要ありません。

 

□その他

・男性の育児休業取得は、中小企業の場合5日以上で助成金の対象となります。

・今年度より、育児だけでなく介護離職予防に対する助成金(60万円)も開始されています。

 

■まずはお問合せください。無料助成金受給診断実施中!!

➡ お問い合わせフォーム

最新の助成金情報はHPからメールマガジンへ登録!!

➡ メルマガ登録