header_logo_mhlw【新設助成金情報】

 

『65歳超雇用推進助成金』

平成28年10月19日以降に、就業規則へ以下を実施の事業主が対象です。

 1.65歳へ定年の引き上げ 【100万円

 2.66歳以上への定年引上げ又は定年の定め廃止 【120万円

 3.希望者全員を66~69歳までの継続雇用制度導入 【60万円

 4.希望者全員を70歳以上までの継続雇用制度導入 【80万円

 

この助成金条件はシンプルですが、定年の引き上げ等の制度を規定した際に経費を要した事業主が対象です。また、経費の支出先が社会保険労務士社会保険労務士法人及び人事・労務コンサルタント等の当該業務を実施することが適切と判断される者であることが条件となります。

また、過去に同様の助成金を受給されている場合には対象となりません。

 

『高年齢者無期雇用転換』

 50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用労働者に転換させた事業主に対して1人あたり【50万円】の助成金を支給。

 

人材不足と言われておりますが、50歳超の求職者は沢山いらっしゃいます。一旦有期契約で採用し、無期契約への転換を図る採用であれば会社側にもリスクが少ないのではないでしょうか。

 

■まずはお問合せください。無料助成金受給診断実施中!!

➡ お問い合わせフォーム

最新の助成金情報はHPからメールマガジンへ登録!!

 メルマガ登録