経営者の想い、会社の価値、

 

きちんと定義して社内外に示しませんか。

ブランディングサービス

あかつきのブランディングは、ロゴやキャッチフレーズ、ステーショナリーなどのVIだけにとどまりません。あかつきが最も力をいれるのは社内に浸透させる「インナーブランディング」。共に働く仲間たちの間に会社の価値が浸透することこそが、ブランディングの最大の効果だと考えています。

ブランディングとは

かつてはCI(コーポレートアイデンティティ)と呼ばれ、企業理念や経営方針に基づいた企業価値を体系的に整理し、その象徴であるロゴマークや統一イメージ、メッセージ等にまとめる企業戦略のひとつでした。バブル期は積極的にこのCI計画が企業に取り入れられ、多くの企業のロゴマークなどが積極的に刷新されました。
2000年代になるとこのCIは「ブランディング」として新たな企業戦略と位置付けられるようになります。企業の価値を定義するだけでなく、人の心に構築されるイメージを、人と企業との精神的な関係性を構築するための知識・活動体系と捉えられています。そこからさらに発展し、現在では、企業の統合的なコミュニケーション戦略の一部と位置付けられるようになりました。

企業の価値を表す要素

企業価値の要素に関する切り口はいくつかありますが、CIを中心に考えた場合3つの要素があるといわれます。

企業の価値を表す要素

これらで顧客の目に触れるもの、社員の行動、企業活動の価値基準のすべてを定義し統一します。

これは何も顧客に対してのみ効果があるわけではありません。社員がこれらを目にし、会社の価値を再認識して意識を新たにすることで、社内の活性化につながるのです。あかつきはこの、社内浸透をはかるための活動「インナーブランディング」の効果を最も重要視し、社内改革に有効に活用していただきたいと思っています。

サービス内容

  • ロゴマーク作成
  • ロゴタイプ作成
  • カラー・アイソレーション規程
  • 名刺デザイン
  • ステーショナリーデザイン2点
  • 企業理念作成・再定義、クレド作成
  • 行動指針作成
  • 企業ビジョン作成
  • インナーブランディング

ブランディングの流れ

ブランディングの流れ
社会保険労務士事務所 財務戦略コンサルティング メールマガジン会員登録はこちら