経営者と社員の想いの乖離を減らし

 

組織が自然と成長する方法があります。

人事評価制度

あかつきの人事評価制度は、今後の「同一労働同一賃金」の法制化にも対応できる、経営者・社員双方にとって納得度の高い制度になるよう設計されています。

あかつきの人事評価制度の特徴

  • エンゲージメント強化型の相互コミュニケーションツール

    経営理念との整合性を重視し、経営者の「こんな会社にしたい」「こんな人に育ってほしい」「こんな人を積極的に評価したい」という思いを伝え、社員の想いも理解し合うことを可能にします。これにより相互理解が深まり、エンゲージメント強化が期待できます。

  • 人材が育つ、社内文化・風土が育つツール

    どんな役割を担ってもらいたいか、どう貢献してほしいのか、日常の活動でどう社内に関わってほしいのか、すべてきちんと定義し、目標管理につなげます。これにより社員はどう育てばよいか、どう育てればよいかわかり、社内文化・風土も方向性を定められます。

  • 等級制度・評価制度・報酬制度をトータルに設計

    評価制度とともにそれぞれの役割定義を盛り込んだ等級制度、評価と連動する報酬制度(賃金・賞与)をすべてトータルに設計します。同一労働同一賃金にも対応させ、絶対評価を前提に設計することで透明性・公平性を確保、社員の納得度の高い制度となります

  • 社内への説明・評価者研修がセットに

    評価制度の導入・刷新には、社内の抵抗を払しょくし、評価者が正しく公平に評価できるスキルも育てなければ成功しません。抵抗感を和らげる社内への説明、公平で効果的な評価を可能にする評価者研修もセットにしてご提供いたします。

  • 社内環境変化に柔軟に対応でき、運用しやすい

    評価制度や賃金制度は、一度導入してしまうと簡単に変更しにくく、例外をつくると社内からの信用を落としがち。これからの組織の成長や環境変化に対応しやすい柔軟な制度にすることで、運用もしやすく効果が持続しやすいものにしています。

評価制度導入の流れ

評価制度導入の流れ
社会保険労務士事務所 財務戦略コンサルティング メールマガジン会員登録はこちら