創業時に必要な手続き

創業時に必要な手続きは以下のようなものになります。

従業員を雇入れる際に必要な手続きのための準備を行います。

書類の準備

労働者名簿・賃金台帳・出勤簿 等
→ 労働者を雇用する事業所に必ず備えつけておかなければならない帳簿を整備します。

従業員の労働条件の決定

(賃金・労働時間 等) どのような条件で従業員を使用するかを決定する。

労働条件通知書(雇用契約書)の作成

労働条件を書面に明記して、従業員に示さなければなりません。
→ 労働基準法では、必ず明記しなければならない事項があります。

雇入れ時の健康診断

→ 雇入れ日以前3ヵ月以内に労働者自身が実施した健康診断の結果を提出させることで代用可能(※ 法定受診項目について考慮する必要あり)

労働保険の加入

労働保険関係成立届

適用事業所となった日の翌日から起算して10日以内に届出。

労働保険概算保険料申告書

適用事業所となった日の翌日から起算して50日以内(有期事業の場合は20日以内)に届出。

その他

  • 時間外・休日労働に関する協定届(36協定) 労働者に残業・休日労働をさせる場合に届け出る必要がある。
  • 変形労働時間制に関する協定届 1ヵ月単位・1年単位あるいは1週間単位の非定型的変形労働時間制を採用する場合、届け出る必要がある。
  • 就業規則 常時10人以上の労働者(パート・アルバイトを含む)を使用する場合、定めた上で届け出る必要がある。

雇用保険の加入

雇用保険適用事業所設置届

事業所設置日の翌日から起算して10日以内に届出。非適用業種、任意適用事業で雇用保険を適用しない場合は不要。

雇用保険被保険者資格取得届

事実のあった日の属する月の翌月10日以内に届出。適用労働者の雇入れの都度行う。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※

開業準備お役立ちリンク集

※※※※※※※※※※※※※※

社会保険労務士事務所 財務戦略コンサルティング メールマガジン会員登録はこちら