あかつきについて

代表からのご挨拶

代表からのご挨拶

勤怠管理や給与計算はもう社労士がお金を取っちゃだめだ

勤怠管理や給与計算はもう、
社労士がお金を取っちゃだめだ。

もちろん企業規模や社内の状況にもよるのだけれど、安価・無料のクラウドシステムがこれほど普及している中、社労士がお金を取っていい業務はもう少ないのだと思っています。クラウドシステムを使って、人事担当者が5分で計算を終えられるなら、高いお金を社労士に払う必要はないかもしれません。
システムを上手く使えば手間もコストもかけずに自社でできることなら、高価なアウトソーシングは提案しない。手間のかかる業務を安価でアウトソーシングできる方法があるなら、積極的にご案内する。こんな姿勢でいたいと思っています。
企業の労務管理をもっと、とことんシンプルにする。経営戦略にとって少しでも効果の高い方法を、とことん探して提供する。
それが、労務管理に関するあかつきのモットーです。

経営×心理×労働法で、
“人事課題の丸投げ”を受け止める。

労務管理をとことんシンプルにしようと思うと、起きてしまったトラブルやくすぶっている社内問題が、スムーズに解決できたほうがよいという話になります。社労士業務で言えば、労務相談やコンサルティング、いわゆる「社労士の3号業務」と言われる範囲です。労働法の専門家として、安心できるまでしっかりご相談に応じたいと考えています。ただ労務相談というだけでは、どんな社労士でもやる業務。他の社労士に頼んでも、結果に違いはそうないかもしれません。

労災や訴訟のような、日常からかけ離れた問題が起きたのであれば、専門家に相談しようという発想にもなりやすいと思いますが、本来日常を煩わせていることはたいてい、“なんとなくうまくいっていないこと”。その多くが、相談相手がそもそもいない“経営のこと”、誰に相談してよいかわかりにくい“人のこと” でしょう。そしてその二つが重なったところにあるのは「人事課題」だと思います。

こうした、労働法の専門家(社労士)というだけでは解決できない領域であり、問題解決のスペシャリスト(コンサルタント)というだけでは考慮しきれないこの領域において、日常的に頼れる相手となることこそが、経営者にとって、そして人事部門にとって、何より必要なソリューションだろうと思っています。

「人事課題」が解決すべきことの最大の特徴は、経営と、人の心理と、労働法の制約とを、うまく整合性をとって企業成長の源泉をつくること。そのための解決手法を見つけること。そんな「人事課題の丸投げ」ができる先でありたいと、あかつきは思うのです。

経営×心理×労働法で人事課題の丸投げを受け止める
トラブル対処より大事にしたい健全な人と組織づくり

トラブル対処より大事にしたい
健全な人と組織づくり。

弁護士の役割を「すでにかかった病を回復させるプロ」と表現するとしたら、社労士は「病気にならないように普段から健康管理をするためのプロ」という感じでしょうか。でもこの役割以上に大事にすべきだと思っているものがあります。

もちろん労務トラブルが大きくなる前に対処することも大事なご支援のひとつだし、リスク回避策のための規則や制度づくりも大事なご支援のひとつだと考えています。でもその前に「人が活き活きと働ける組織づくり」を、一緒に考えられるパートナーになりたいと思っています。だからこそ人材育成や組織活性化などの人が育つ環境全体を、つまり「企業文化・風土のプロデュース」を、実現したいと思っているのです。

つまり目指したものは、
伴走者のような存在。

ある時はアウトソーサー。またある時はコンサルタント。そして時にはメンターやカウンセラー、そしてコーチ。さらにはプランナーやクリエイターの顔をすることもあるでしょう。

経営者にとって、組織にとって、そこに属する個人にとって。問題・課題に向き合い、目標達成に向けて前進するために。その時々に応じ最適な接し方で、抱えている課題に寄り添い一緒に走る“伴走者”のような存在であることが、あかつきの理想とする姿なのではないかと、今は考えています。

伴走者でいるために大事なことは、一緒に走る相手の力を信じ、相手のペースと価値観を大事にすること。それができる伴走者でありたいと思います。まだまだですけどね。

つまり目指したものは伴走者のような存在
だから助成金サービスはもうやめることにしました

だから、助成金サービスはもう
やめることにしました。

お客様のニーズに最大限お応えする姿勢は持ち続けなければと思っています。でも、短期的で付け焼刃的なニーズにお応えするのはよくないと思っています。本当に会社にとって、スタッフにとって、長期的によくなることを、経営者と一緒に本気で考えたいのです。そう思って、スポット契約で助成金だけをサポートするサービスは、もうやめることにしました。助成金をもらうことだけが目的となったり、長期的に会社のためにならない決断を強いたりすることもあるからです。

もちろん、労務顧問契約をいただいている長期のお客様には、助成金のご提案を含めたサービスを続けていきます。経営者の方が目指す会社の方向性に合ったものを、日々伴走しているからこそわかるよりよい組み合わせを、ご提案したいと思います。

2019年、法人化しました。

チームで仕事をするためにスタッフを増やし、社労士も複数人になりましたので、2019年に法人化いたしました。とはいえ、法人化したからといって何が変わるわけでもないのですが。

気持ちも新たに、今まで以上に会社として成長させ、皆さまのお役に立ちたいと考えています。

代表 三谷宜雄

2019年法人化しました

こちらも併せてご覧ください。

会社概要・アクセス
スタッフ紹介
プライバシーポリシー
facebook Twitter LINE

電話をかける